水素風呂『リタライフ』はネットワークビジネス?ネズミ講の噂を検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『リタライフ』のレンタルを考えていたところ、「ネットワークビジネス」「ネズミ講」という妙な噂を目にしましたか?

実は筆者も実際に『リタライフ』をレンタルする前、そのような情報を確認しました。

ここではネットワークビジネスについて、『リタライフ』がネズミ講なのかなど分かりやすくお話ししていきます。

まずはネットワークビジネスについて解説します。

[スポンサーリンク]

 

1.ネットワークビジネスとは?

「ネットワークビジネス」とは“マルチ商法”のことです。

「マルチ商法」は正確には法律用語で「連鎖販売取引」と呼ばれ、商品・サービスなどを扱って仲間(=会員数)を増やしていき、頑張って成果を出した会員が儲かる仕組みのことです。

なぜ「連鎖販売」と言われているかというと、下図イメージのように販売員・勧誘員などの組織スタッフがピラミッド式に増加していくため。


画像引用元:熊本県宇城市 公式サイト「学生に広がるマルチ商法的勧誘に注意!

このようなピラミッド式の販売手法はネズミ講とほとんど同じです。

ただ決定的にちがうのはネズミ講が違法なのに対し、ネットワークビジネスが合法という点です。

  • ネズミ講
    違法ビジネス。ボスだけが儲かる仕組みで、金銭の配当のみを目的とした商法
  • マルチ商法
    合法ビジネス。ルール(=特定商取引法)に則って連鎖販売取引(=ピラミッド型ビジネス)を行う

簡単に言うと過去の過ちであるネズミ講をしっかり取り締まる法律(=特定商取引法)を作って「マルチ商法をやりたい企業はこのルールを守ってね!」と官公庁が動いた訳です。

それでもマルチ商法に関する相談件数は毎年、1万件以上も超えているようです(国民生活センターの公式サイトより)

現時点での大きな問題点は、販売員や勧誘員がこのルールを逸脱していることだそうです。

興味のある方は「水素風呂の詐欺被害?マルチ商法にはご注意を!」をご一読ください。

ちなみに「マルチ商法」という言葉を悪徳商法的なイメージがあると考える業者は、健全性をアピールするため「ネットワークビジネス」、「マルチレベルマーケティング」、「MLM(=Multi-Levels Marketing)」などと呼ぶようです。

では次に水素風呂『リタライフ』がマルチ商法であるのかを見ていきましょう。

参考情報:ウィキペディア「連鎖販売取引

2.水素風呂『リタライフ』がネットワークビジネスと言われる理由

実は筆者は『リタライフ』をレンタルしています。

水素風呂を取り寄せた時はインターネットで完結する「オンライン登録」を活用しました。

そもそも筆者は最初は興味から始まり、独自に調べていって気付くと「水素風呂を美容や健康維持のために活用したい!」と『リタライフ』のレンタルを決意した方です。

その際にネットワークビジネスならではの勧誘やレンタル料以外の支払い請求など全然なかったです(あったら大問題ですが)。

でも「リタライフ」で検索すると、キーワードの入力候補に「リタライフ ネットワークビジネス」「リタライフ ネズミ講」と表示されたので驚きました。

ここからは推測となりますが、『リタライフ』の紹介制度がネットワークビジネスだと指摘されているのだと考えます。

これは『リタライフ』を友人に紹介すると毎月540円が値引きされる制度です。

つまり7人に紹介すると

『リタライフ』月額レンタル料3780円(税込)−(紹介料540×7人)=0 円

となって『リタライフ』の月々のレンタル料が無料になります。


▲水素風呂『リタライフ』に梱包されていた書類の1枚(赤枠箇所が紹介制度の説明)

ここまでなら単なる紹介制度なのですが『リタライフ』の場合、8人以上紹介すると今度はキャッシュバックという形でお金がもらえるのです(゜Д゜)!

これを利用すると美容に興味のある友人が多い女性や主婦の方は毎月、無料で水素風呂に入れるだけでなくお小遣いももらえることになります。

これが一人歩きして「ネットワークビジネスでは?」と誤解を生んでいるのかもしれません。

確かにとても美味しいシステムですね。

ただこれはネットワークビジネスでもなければ、ネズミ講ですらありません。

筆者は本当に良い製品などは いきなり友人に勧めたりせず、先に家族に勧める方なので利用するかなぁ…(笑)

むしろ私の母の代金を私が支払うよう親孝行しなくてはいけませんね (;´д`)

ただし水素関連製品のネットワークビジネスは存在します。

3.水素水のネットワークビジネス被害は実在する

2016年3月、『株式会社ナチュラリープラス』に対して消費者庁は、特定商取引法に基づく業務の一部停止命令を出しました。

ナチュラリープラスはネットワークビジネス企業であり、一時期はマルチ商法の業界TOP10に君臨したほどの実力です。

この処分に至る1年前、消費者庁はナチュラリープラスに立ち入り検査し、改善内容を見てきました。

しかし同社の勧誘員の一部は、勧誘の目的を伏せて知人を自宅やセミナー会場に誘い出していたのです。

その際、「○○さんが新しくサプリメントの販売のお仕事を始めたみたいなので話を聞いてくれない?」、「1回、会ってやってくれない?」、「いい話があるから聞いてみない?もうかる話だから」などと話していた。

引用元:健康情報ニュース.com「消費者庁、特商法違反でナチュラリープラスに業務停止命令

勧誘目的を言わない、簡単に儲かると思わせるトークは、ネットワークビジネスを行う上でのルール(=特定商取引法)違反となります。

そして同社が扱っていた製品には水素水『IZUMIO(イズミオ)』が含まれていました。

あとがき

2016年には水素製品のネットワークビジネス企業が消費者庁に処分された。

また国民生活センターが「水素はただの水」と公表し、水素製品を提供する企業は猛反発。

このような水素水に関する負のイメージが大きくなり、“水素ブーム”は次第に下火になっていきました。

悪質な販売をおこなった一部の企業のせいで、本当に良い水素製品まで否定的な目で見られるのは可愛そうですね。

それでも筆者は実際に水素風呂を使って実感していること。

逆に期待していた効果は現れなかったなど、たくさんのことを覚えました。

水素風呂は正しい知識をもって付き合うことが何よりも大事かと思います。

もし水素風呂に興味のある方ははじめに「水素風呂で知っておくべき本当の4つのデメリット」を読むことをお勧めしますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

水素風呂の選び方

水素水関連の様々なネット情報や書籍を調査して分かったことがあります。

それは水素風呂の発生器を選ぶ時、最も重要な指標は次の4点であることです。

  • 水素濃度
  • 価格
  • 無料保証の期間
  • バッテリー交換費用

このポイントを徹底比較して厳選した水素風呂の詳細は下記よりお読みください。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*